カンカンブログ/お菓子缶などオリジナル缶を企画製造販売。

  • 大阪製罐について
  • お取引について
  • よくある質問
  • サイトマップ

2017/02/15

素材について

カンカンブログを見ていただきましてありがとうございます。

気づけば2月半ば。

寒い日がまだまだ続きそうですね。

 

 

 

 

おはこんばんわ、子育て奮闘中の鈴木です。

 

 

 

なかなか一人では行動しない、気分屋さんで、

いつも嫁にくっついて全然離れない長女が

 

 

 

なんと

 

 

 

 

サッカーを習いに行くことになりました。

 

 

 

 

先日見に行ったんですが、まだサッカーではなかったです。

サッカーボール触りまくりのお友達とおしゃべり、追いかけっこしてました(涙)

まあ、ほんの一歩前進してくれたかなと思って喜んでます。

 

 

 

 

くだらない話はさておき。

少し缶に関するお話を。

弊社で取り扱っている缶の素材には3種類ございます。

一般の方はなかなかご存知ないかと思いますが、

どこかで見てもらってるんちゃうかなあと思います。

簡単にご紹介させて頂きます。

 

 

 

ブリキ

ノーマルなブリキ材なので呼び名も『ブリキ』です。

光沢が強く、最も金属らしい素材です。

金属の光沢を活かしてキラキラ感が表現できます。

 

 

 

サテン

ざらざらとして梨の肌のような触り心地の素材です。

ブリキに比べてやさしい光沢なので、

ソフトな印象にしたい場合におすすめです。

 

 

 

ティンフリー

ご紹介させて頂きました2つの素材と違い、クロムメッキが施されてます。

鈍い光沢でつるつるとした素材です。

基本的に白い塗装して使います。

金属光沢を必要としないデザインにおすすめです。

 

 

 

 

お客様のデザイン意向にそって素材を使い分けます。

素材が変われば見た目も変わってきます。

缶の特徴でもあるキラキラ感のあるデザインはいいですよ。

 

 

 

 

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

缶パッケージのヒントブログ

 ↓ ↓ ↓

★カンカンブログ

 

 

オリジナル缶のお問い合わせについてはコチラ

 ↓ ↓ ↓

★お気軽にお声かけください!

 

 

お菓子のミカタ

↓ ↓ ↓

https://www.okashinomikata.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

>>前の記事を見る

>>次の記事を見る

>>一覧へ戻る