缶パッケージでお客様との関係性づくりのお手伝い/お菓子缶などオリジナル缶を企画製造販売。

  • 大阪製罐について
  • お取引について
  • よくある質問
  • サイトマップ
オリジナル缶を企画製造販売・お問い合わせはこちら

缶パッケージで『デキる!5つのコト!』

『お客様との関係を深めたいけど、どうしたら良いのか…』とお悩みのあなたへ。

缶パッケージでデキる!5つのコト!の一つ、
【缶パッケージでデキる関係性づくり】のページを訪問して頂きありがとうございます!

『商品パッケージでお客様との関係をつくるってどういうコト??』と思ったあなた、
パッケージなんて ただの包装資材!なんて思っていませんか?
確かにパッケージは商品を包装するモノですが、そこには包装する理由があります。

缶パッケージは、商品やお店に愛着を持ってもらえるようになります。

・お客様に安全に商品を届けるため
・お客様に創り手の想いを伝えるため
・お客様に楽しさや美しさを伝えて楽しんでもらうため

包装資材という言葉の裏にはパッケージが提供するコトが隠れています。
缶にもそうした隠れているコトがあり、その一つに『お客様との関係性を高める』という役割があります。

少し考えてみてください。

お客様があなたのお店に来なくなる理由、あなたの商品を買わなくなる理由は何でしょう? それはお店や商品を嫌いになったのではなく、ただ存在を忘れてしまっているからなんです。

自分たちのことを覚えておいてもらうために、毎日お手紙やメールを送ったり、お客様のところにお邪魔するなんて大変です。お客様にお店や商品のことを覚えておいてもらうにはどうすればいいのか・・・。

アンケート調査によると缶パッケージは購入者の7割以上が中身がなくなった後も、缶を容器として再利用している容器です。缶パッケージ=購入者の手元に残る容器なのです。

購入者がカラになった缶をクラフト用品入れや身の回りの小物入れなどとして再利用するということは、生活の中であなたのお店の商品の名前やブランドのロゴなどを自然と見続けてもらえるということです。あと使いで“大切なモノの容器”として使ってもらうことであなたのお店や商品のことを忘れないでいてもらえます。

そしてその結果として商品やお店に愛着をもらえるようになります。

関係性づくりの方程式

後使いで重宝される【購入者が大切にする容器】心を込めてつくっている【あなたの商品】を掛け合わせることで、商品やお店に愛着を持ってもらえるようになりお客様との関係性も深まります。

缶パッケージはお客様との関係性づくりを深めます。

お客様にお店や商品のことを覚えておいてもらうために、関係性づくりのお手伝いをする缶パッケージをおススメします!
関係性づくりの缶パッケージのノウハウなど詳細は当社スタッフまでお気軽にご相談ください。

見積もりサンプル請求はこちらをクリック!お問い合わせはコチラをクリック!