納品までの流れ/お菓子缶などオリジナル缶を企画製造販売。

  • 大阪製罐について
  • お取引について
  • よくある質問
  • サイトマップ
オリジナル缶を企画製造販売・お問い合わせはこちら

お取引について

納品までの流れ

お問い合わせ→お見積り→ご注文→入稿→製造→正式発注→納品

お問い合わせ

即日当社営業スタッフが対応させて頂きます。
電話、FAX、メール、Webページからのお問い合わせなどにも対応しております。
会社名、担当者、会社住所、TEL・FAX・メール等の連絡先もお忘れなくお願い致します。

缶パッケージ作製に関する疑問・質問に弊社営業スタッフがお答えいたします!
お見積りの際は、用途、サイズ、必要数量(ロット)等の詳細もお伝え下さい。
お客様のご要望に沿った缶パッケージをご案内いたします。
缶の形状サンプルをご希望の際は必要なサイズをご連絡ください。

また、工場見学を兼ねたお打ち合わせにお越しの際は、あらかじめ連絡頂きます様お願い致します。

お見積り

サイズ、必要数量(ロット)、印刷の有無と色数、デザインのイメージ概要、納期、納品場所、納品回数 (一括/分割)等できるだけ詳細にお伝え下さい。

缶のロット別の見積もりや、缶と紙巻容器との比較見積もりなど、缶パッケージ検討の判断材料にもご利用ください。

営業スタッフの行動予定にもよりますが、見積もり依頼に関する回答は可能な限りすばやく対応させていただきます。
缶の見積もりであれば営業2日で回答いたします。

*紙巻容器との比較見積もり回答に関してはその都度ご確認いただきます様お願いいたします。

ご注文

お見積り提出後、缶の使用が決定すれば当社担当スタッフにご連絡ください。
既製缶のご使用であれば即日出荷対応が可能です。

セミオーダー缶(無地缶)のご使用であれば即日製造準備に取り掛かり、実働21日で、製造から納品へ対応いたします。

オリジナル印刷缶の場合は当社より、缶の展開図面データをお客様へお送りいたしますので、それをもとにデザインデータを作製頂き、返信下さい。

入稿

お客様にて作製頂いたデザインデータをもとに金属印刷のための製版にとりかかります。オリジナル印刷缶を作製する場合は原則としてすべてのお客様に校正缶(試作缶)の作製をお願いしております。

データや書面のやり取りでは解決できない、缶のデザインや色具合について現物での確認をお願いしております。

校正

製版完了後、材料を手配して校正缶(試作缶)用の印刷にとりかかります。
デザインデータを元に製版を行いますので、カラー4色掛け合わせの表現はデータ通りのバランスとなります。

“紙の白度”と“白インクの白度”に違いがありますので、紙へ印刷した場合と金属に印刷した場合では色合いは若干異なります。校正缶をご確認いただき、校了を頂ければ製造準備にとりかかります。

正式発注

校了後に材料手配を行い印刷された材料が入荷し、当社工場にて製缶作業に取り掛かります。材料の裁断、プレス工程での部品加工(蓋や底の加工)、製缶ライン作業、検品、梱包、入庫の流れとなります。

検品工程においては缶の製缶上の不具合、外観(キズや汚れ)、異物混入、等の問題がないかを確認した上で梱包おります。

納品

当社倉庫よりお客様指定の納品場所へ指定数量を納品いたします。
自社倉庫を備えているので、分割納品にも対応可能です。

なお、分割納品の場合在庫期間が3カ月を超えるものについては事前決済をお願いする場合もあります。

>>お取引について:よくある質問

見積もりサンプル請求はこちらをクリック!お問い合わせはコチラをクリック!